陀艮(だごん)の強さ(術式・領域展開)と声優等のプロフィールまとめ!

呪術廻戦に登場するキャラクター、陀艮(だごん)について徹底紹介。陀艮の戦績や強さ、術式や領域展開、声優などのプロフィールに関して知りたい方はこの記事をご覧ください。

陀艮(だごん)のプロフィール

概要

海への恐れから生まれた呪霊

陀艮は人々が海を恐る感情から生まれた特級呪霊。呪霊というよりも精霊に近い存在です。水を操ったり、ウツボのような式神を召喚して戦います。

HP特化型の呪霊

漏瑚が火力とスピード特化、花御が防御力特化であったように、陀艮はHP特化の呪霊です。ポケモンで言うとハピナスというよりはカビゴンみたいな感じのステータスをイメージするとわかりやすいでしょう。

陀艮をリンチしている七海建人、禪院直毘人、禪院真希から言わせると、ダメージが通らないというよりもHPが果てしないという印象でした。

呪霊が人間に成り代わるために戦う

陀艮は漏瑚や花御と一緒に「呪霊こそが真の人間である」という思想のもと、呪霊が人間に成り代わるために戦っています。

長時間の領域展開をこなす?

陀艮は夏油や花御などの夏油一派がちょっと休憩するようなタイミングで領域展開を発動している描写があります。陀艮の領域展開「蕩蘊平線」はまるでリゾート地のような様子で、そこにサマーベッドやパラソルを用意して真人や夏油がのんびりしているようです。

プロフィール

名前

陀艮(だごん)

声優

不明(アニメ5話で「ぷふぅ」とだけ言っているのですが、キャスト名が記載されていませんでいsた)

身長

呪胎の姿(120cmくらい)
成体の姿(220cmくらい)

所属

偽夏油一派

呪胎の姿(かわいい姿)

呪胎の姿の陀艮は、口元から足が複数生えているイカのような風貌ですね。この風貌から「かわいい水の呪霊」と噂になったりしています。

成体の姿

成体の姿の陀艮はゴリマッチョな感じの肉体で、呪胎の時の可愛らしさを完全に失い、殺意に目覚めた顔つきに変化しています。

陀艮(だごん)の強さと戦績

強さ

陀艮は最強キャラランキングAランクの呪霊です。

戦闘描写は少ないものの、特別一級術師の禪院直毘人を含む複数の術師に対して有意に戦いを進めていた点から、Bランクよりは高い位置に存在。

漏瑚や真人よりやや実力は劣るものの、花御とは同等程度の強さなのではないでしょうか。

戦績

  1. 陀艮 VS 禪院直毘人&七海建人&禪院真希&伏黒恵&禪院甚爾 = ×

陀艮(だごん)の術式・領域展開・技

術式

海の術式

陀艮の術式は海をベースとしたもので、大量の水を放出したり、魚の式神を主に利用して戦います。

領域展開

蕩蘊平線(たううんへいせん)

陀艮の領域展開は海をベースとした「蕩蘊平線」です。「蕩蘊平線」はリゾート地のような生得領域で、真人や漏瑚などの呪霊グループがそこでのんびりしている描写もありました。

死累累湧軍(しるるゆうぐん)

陀艮の必殺技「死累累湧軍」は、際限なく湧き出る魚の式神です。「蕩蘊平線」と併用することで、対象にヒットするまで式神が権限しなくなるため、防ぐためには何かが「触れた」と感じた瞬間に対処する必要があります。

水玉

陀艮の技の一つ「水玉」は、大量の水を顕現させる技です。水の精霊である陀艮は伏黒恵の「満象」で排出する水とは比較にできない分量の水を出すことができます。

空中浮遊

陀艮は空中に浮遊することができます。ちょっと危険を感じるとすぐに対空する癖があり、禪院直毘人に二度踏み落とされました。

陀艮(だごん)のまとめ

以上「陀艮(だごん)の強さ(術式・領域展開)と声優等のプロフィールまとめ!」でした。漏瑚と同様呪霊グループのマスコット的な存在であり、禪院真希、禪院直毘人、七海建人、伏黒恵を苦しめた陀艮は本編からは退場しましたが、今後また陀艮が活躍する機会があれば記事を更新しますので、引き続きよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました