【呪術廻戦】疱瘡婆(ほうそうばばあ)/疱瘡神とは?強さと元ネタを解説!

呪術廻戦に登場する疱瘡婆(ほうそうばばあ)/疱瘡神の解説記事です。疱瘡婆の強さや、疱瘡婆の元ネタについて知りたい方は、この記事をご覧ください。

疱瘡婆(ほうそうばばあ)/疱瘡神とは

偽夏油が操る特級特定疾病呪霊

疱瘡婆は偽夏油の「呪霊操術」にて操られる特級特定疾病呪霊です。

疱瘡(天然痘)に対する恐れから生まれた

疱瘡婆は人類史上に残るほどの被害である病の疱瘡に対する恐れから生まれた呪霊であることから「特定疾病呪霊」とされています。

『奥州波奈志』にある妖怪

疱瘡婆(ほうそうばばあ)は、江戸時代の女流文学者・只野真葛の著書『奥州波奈志』にある妖怪宮城県疱瘡(天然痘)を流行させ、病死した人間を食べたとされる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

冥冥と憂憂に敗北

疱瘡婆は登場と同時に領域展開して超強そうな雰囲気を出していましたが、一級術師の冥冥に敗北し、祓われました。だいぶ軽いノリでしたが、実際のところ冥冥を結構追い詰めていましたね。

疱瘡婆(ほうそうばばあ)/疱瘡神の強さ

特級呪霊の平均程度

疱瘡婆の特級呪霊の戦闘力は、特級呪霊の平均程度と考えられます。最強キャラランキングではDランクに配置しました。一級術師より弱く、準一級術師では手に余る程度の強さだと判断しています。

疱瘡婆(ほうそうばばあ)/疱瘡神の術式・技・領域展開

術式

  1. 相手を棺桶に拘束する
  2. 棺桶の上から墓石を落として土に埋める
  3. 3カウントすると相手が発病する

領域内では必中効果がありましたが、領域展開しない場合はかなり使いにくそうな術式ですね。

領域展開

疱瘡婆の領域展開は墓石がたくさんある墓場のイメージです。必中&バフ効果が付与されます。

疱瘡婆に術式以外の技はありません。

疱瘡婆(ほうそうばばあ)/疱瘡神のまとめ

以上、疱瘡婆(ほうそうばばあ)/疱瘡神に関するまとめでした。渋谷事変を通す前は呪霊連中の中でも特別な存在だったのに、今となっては特段強く無い呪霊扱いの疱瘡婆。今後の活躍には期待できなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました