漏瑚(じょうご)の強さ(術式・領域展開)と声優等のプロフィールまとめ!

呪術廻戦に登場するキャラクター、漏瑚(じょうご)について徹底紹介。漏瑚の戦績や強さ、術式や領域展開、声優などのプロフィールに関して知りたい方はこの記事をご覧ください。

(注:この記事は最新の週刊少年ジャンプで公開されている呪術廻戦のネタバレを含みます。ネタバレが気になるコミックス派/アニメ派の方はご注意ください。)

漏瑚(じょうご)のプロフィール

概要

大地への恐れから生まれた呪霊

漏瑚は人々が大地を恐る感情から生まれた特級呪霊。呪霊というよりも精霊に近い。渋谷事変を引き起こす精霊呪霊の中心となる呪霊で、単純な強さは両面宿儺の指8~9本分程度。

呪いが人間の立場に成り代わる未来を目指している

漏瑚は呪いこそが真の人間だと考えており、呪いが現在の人間の立場に成り代わる未来を目指して活動している。その際、漏瑚たちののぞむ未来が実現できるのであれば、そこに立っているのは自分である必要は無いと考え、呪いの王「両面宿儺」を復活させようと、偽夏油と手を組んで虎杖悠仁達を追い詰めます。

両面宿儺に敗北

漏瑚は一瞬だけだが復活させた両面宿儺と「両面宿儺に一撃でもくらわせれば、伏黒恵を除いた渋谷にいる人間を全て殺す」という賭けをします。全力で両面宿儺に挑む漏瑚は「極ノ番『隕』」を発動させるものの両面宿儺に当てることは敵わず、最後は炎の術式をぶつけ合い、火力で押し負けて戦死しました。

両面宿儺に認められる強さ

漏瑚の作中で闘う相手は五条悟や両面宿儺といった、作中でも最強クラスのキャラクターであったため、一方的にやられる様子が目立ちました。しかし、両面宿儺に敗北したのち、精神世界で漏瑚は両面宿儺に「お前は強い」と褒められます。

五条悟や両面宿儺に自尊心をズタズタにされた漏瑚が最後に強さを認められて涙を流す姿は、人間そのものでした。

プロフィール

名前

漏瑚(じょうご)

声優

千葉繁

身長

120cmくらい

モデル

富士山

所属

偽夏油一派

漏瑚(じょうご)の強さと戦績

強さ

漏瑚は最強キャラランキングAランクのキャラです。

まともに戦った相手は両面宿儺、五条悟と作中最強格のキャラだったため、一方的にやられる様子が目立ちました。

しかし、特別一級術師の禪院直毘人、一級術師の七海建人らを一瞬で燃やしたところ。

両面宿儺との戦闘を見ているその他の術師の反応。

そして、両面宿儺にも認められる強さを持っている点。

漏瑚は特級術師には敵わずとも、その他の精霊呪霊や特別一級術師等よりは強い位置にいるのが自然でしょう。

戦績

  1. 漏瑚 VS 五条悟 = ×
  2. 漏瑚 VS 禪院直毘人・禪院真希・七海建人 = ○
  3. 漏瑚 VS 両面宿儺 = ×

漏瑚 VS 五条悟 = ×

呪術廻戦本誌における五条悟の最強度合いを見せ付けるための漏瑚戦。渋谷事変を引き起こす最強格の精霊呪霊集団の幹部クラスである漏瑚ですが、五条悟の相手にはならず、ボコボコにされてしまいます。

五条悟は漏瑚の領域展開「蓋棺鉄囲山」に閉じ込められたものの「無量空処」で押し返し、漏瑚を頭だけの状態にし、圧倒的実力差で勝利を修めます。

虎杖悠仁は漏瑚に対して「今まで見たどの化物よりも遥かに化物」といった評価をしますが、五条悟に対して手も足も出なかった漏瑚は読者からするとかませ犬のポジションに落ち着いてしまいましたね。

実際は漏瑚自体も渋谷事変で出てくるレベルだと、五条悟意外では相手にできないくらい強いのですが、肝心の漏瑚自体もこの戦闘をきっかけに自信を失ってしまいます。

真人&漏瑚&花御&脹相 VS 五条悟 = ×

渋谷事変です。五条悟を封印するために渋谷駅の地下で二重三重の罠を貼った夏油一派の精霊呪霊(漏瑚&花御)と呪胎九相図(脹相)の戦い。五条悟は一般人を自分の攻撃で巻き込まないようにするため、「領域展開」「術式順転『蒼』」「術式反転『赫』」「虚式『茈』」を封じられた状態で戦います。

それでも夏油一派は五条悟の相手にならず、この戦いが始まってすぐに花御が殺されて退場。

漏瑚は一般人を盾に逃げ回り、脹相は一般人を盾に遠距離から攻撃。途中で真人が大量の改造人間を引き連れて参加しますが、五条悟は0.2秒の領域展開を発動し、改造人間1000体を鏖殺し、漏瑚、脹相、真人を無力化しました

漏瑚 VS 禪院直毘人・禪院真希・七海建人 = ○

陀艮を倒した禪院直毘人・禪院真希・七海建人を漏瑚が圧倒した戦いです。戦闘が始まると一発のダメージも受けずに次々と術師を倒す漏瑚。花御・真人・陀艮とは明かに格が違う強さを見せつけた戦いでした。

漏瑚 VS 両面宿儺 = ×

漏瑚と指15本状態の両面宿儺の戦いです。この戦いは呪術廻戦におけるベストバウトに入るのではないかなって思ってます。

控えめに言って両面宿儺の指7~8本の強さである漏瑚と、指を15本取り組んだ両面宿儺では相手にならず、漏瑚の攻撃を一撃も受けずに両面宿儺は圧倒します。

漏瑚が使う「極ノ番『隕』」や、炎タイプの技の撃ち合い。五条悟、両面宿儺にボコボコにされ、自信を失った漏瑚に対して「誇れ、オマエは強い」と精神世界で話しかける両面宿儺は最高にイカしてましたね。

漏瑚(じょうご)の術式・領域展開・技

術式

炎系の術式

領域展開

蓋棺鉄囲山(がいかんてっちせん)

漏瑚の領域展開は火山帯のようなデザインの「蓋棺鉄囲山」です。並の術師であれば領域内に入った時点で焼き切れるほどの熱さで、領域内では漏瑚の術式が必中かつ威力アップします。

ちなみに最初の五条悟戦、領域展開中に放った隕石は「極ノ番 隕」です。

火礫蟲(かれきちゅう)

漏瑚の技の一つ「火礫蟲」は、漏瑚の体内から生み出された敵を追尾する虫です。

敵に接近するとまずは音(振動)で攻撃し、その後爆発してダメージを与えます。

火山噴火

漏瑚の技の一つは「火山噴火(正式名称不明)」です。漏瑚の任意の箇所に小さな火山を設置し、その火山からマグマを吹き出す攻撃。アスファルトが溶けるほどの威力で、特別一級術師ですら一撃で葬り去ります。

領域展延(りょういきてんえん)

漏瑚の技の一つは「領域展延」です。「領域展延」は自分の体に薄い領域の幕を展開する技術で、「簡易領域」と同様に相手の術式を中和する力を持っています。

五条悟の「ニュートラルな無下限呪術」ですら中和し、物理攻撃であれば攻撃が当たるようになります。

極ノ番「隕」

漏瑚の持つ領域展開を除く最強技が「極ノ番『隕』」です。「極ノ番『隕』」はビルよりも巨大な隕石を相手に投げつける技で、当たりさえすれば両面宿儺にでさえダメージを与えられるほどの威力を誇ります。

漏瑚(じょうご)のまとめ

以上「漏瑚(じょうご)の強さ(術式・領域展開)と声優等のプロフィールまとめ!」でした。呪霊グループマスコットキャラのような愛くるしさと、渋谷事変時点では最強キャラの一角とも呼べる強さを持つ漏瑚。呪術廻戦での活躍は終了したものの、非常に魅力的な敵キャラクターでしたね。

今後また漏瑚が活躍する機会があれば記事を更新しますので、引き続きよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました