ミゲルの強さや能力解説!扉絵で乙骨優太と一緒にいるけど味方になったの?

呪術廻戦に登場するキャラクター、ミゲルの強さや能力を解説します。元夏油一派のミゲルは扉絵で乙骨優太と一緒にいることが確認されています。呪術テロ「百鬼夜行」で五条悟の足止めをしたミゲルは現在何をしているか、興味のある方はこの記事をご覧ください。

(注:この記事は最新の週刊少年ジャンプで公開されている呪術廻戦のネタバレを含みます。ネタバレが気になるコミックス派/アニメ派の方はご注意ください。)

ミゲルとは

元夏油一派の呪術師

ミゲルとは、夏油傑率いる呪詛師グループの起こした未曾有の呪術テロ「百鬼夜行」で五条悟の足止めを任されるほどの実力を持った呪術師です。ラルゥらと共に、夏油傑を王にしようと画策したものの、失敗に終わりました。

五条悟を10分足止めできる実力(百鬼夜行のMVP)

ミゲルの実力は、現代最強の呪術師五条悟を1人で10分足止めできるほどのもの。

五条悟は漏瑚・花御・脹相の特級呪霊3体で挑んでも、手も足も出ないほどの強さで、五条悟を10分足止めできるようなキャラは、ほぼ特級術師クラスと言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、芥見下々先生曰く百鬼夜行のMVPはミゲルだとのことです。

芥見下々先生曰く「強い」

公式ファンブックで公式見解を得たミゲルの情報といえばやはり「強い」の一言。元々、国外で呪術師をしているところを夏油傑にスカウトされて連れてこられたようです。

現在では乙骨優太と行動を共にする(味方になった?)

「百鬼夜行」が失敗に終わり、ほぼ解散された夏油一派ですがミゲルはその実力を買われ、現在は乙骨優太と行動を共にしている様子が扉絵で確認されています。常に人材不足で困っている呪術界において、ミゲルの存在はありがたかったのでしょう。おそらく味方になったと考えられます。

公式ファンブックにて、夏油傑の百鬼夜行で五条悟に見つかり、乙骨優太を押しつけられたということが判明しました。

ミゲルの強さ

最強キャラランクSクラスの強さ

ミゲルの強さは、最強キャラランクSクラスです。

「百鬼夜行」にて五条悟を10分間以上足止めすることに成功する実力を持ったミゲルは、「百鬼夜行」のMVPと芥見下々先生公式で発表されています。

呪術廻戦本編では扉絵のみの登場で、0巻でもほとんど登場シーンが無いミゲルですが、五条悟が本編で活躍すればするほど「10分足止めしたミゲルすげー!」となって評価が上がっています。

ミゲルの術式・領域展開・技・特殊能力

術式

ミゲルの術式は現在不明です。

領域展開

ミゲルが領域展開できるかは判明していません。

技・呪具

術式を乱す縄

ミゲルは五条悟の「無下限呪術」ですら乱す縄を使って戦います。何本かの縄を束ねて戦っていますが、この縄を一本編むのに、ミゲルの国の呪術師が何十年もかけて作る代物のようです。

特殊能力

ミゲルの特殊能力は不明。

ミゲルのまとめ

以上「ミゲルの強さや能力解説!扉絵で乙骨優太と一緒にいるけど味方になったの?」でした。百鬼夜行での活躍から強い事だけは判明しているミゲル。乙骨優太と行動をしていることから、本編にも必ず絡んでくるでしょう。

この記事はミゲルの情報が追加され次第更新しますので、ミゲルファンの方はブックマークしておくと便利だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました