【呪術廻戦】139話「狩人」のネタバレ感想【乙骨到着/禪院直哉地雷踏み抜き】

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「呪術廻戦」ネタバレ込の感想です。この記事では2021年週刊少年ジャンプ12号に掲載された呪術廻戦139話についてとりあげます。138話は渋谷事変後に禪院家当主の禪院直毘人が死に、跡目争いの御家騒動が始まることを示唆する話でした。139話はその続きです。

前の話:138話「禪院家」のネタバレ感想
今の話:139話「狩人」のネタバレ感想
次の話:140話「執行」のネタバレ感想

呪術廻戦139話「狩人」のネタバレ・感想ルール

  1. WJ本誌の情報解禁に合わせてネタバレ解禁!(月曜00:00~)
  2. アニメ勢/単行本勢に対する気遣い無し!
  3. 画バレ/文字バレは引用として!
  4. あくまで事実の整理/考察/感想がメイン!

みなさまへのお願い

SNSでのシェアは歓迎ですが、アニメ勢や単行本勢に対してURLや画像をリプライすることはNGでお願いします。

呪術廻戦139話「狩人」のネタバレ

呪術廻戦139話「狩人」では、虎杖悠仁と脹相が東京に蔓延る呪霊を狩り続けるシーンから始まり、138話で当主の座を伏黒恵に奪われそうになった禪院直哉と虎杖悠仁処刑任務中の乙骨優太が会合する話です。

ネタバレ要素

  1. 虎杖悠仁」「脹相」「禪院直哉」「乙骨優太」が会合
  2. 伏黒恵」はまだ「虎杖悠仁」に合流できていない
  3. 脹相」と「虎杖悠仁」の兄弟説はまだ確定せず
  4. 禪院直哉」の術式は瞬間移動系

呪術廻戦139話「狩人」の考察・妄想

禪院直哉と五条悟が同世代説補完

138話の記事でも禪院直哉は五条悟・夏油傑と同世代説を唱えましたが、139話で禪院直哉は五条悟の事を「悟くん」と呼んでいました。

今のところ禪院直哉は禪院扇以外の人間を「君」or「ちゃん」呼びしているので、同世代かどうかの完全な裏付けとは言わないものの、御三家の当主と当主候補として少なくとも馴染みのある関係ではありそうです。

禪院直哉の術式は瞬間移動?

138話でも禪院甚壱の攻撃を避けた描写がありましたが、禪院直哉の術式は瞬間移動系のものと考えられます。

虎杖悠仁「速いっちゃ速いんだけどなんか変だな」
脹相「術式だろうな」

と言及しており、その速さは物理的な移動と考えるには違和感があるようです。

禪院直哉「もうちょい速うしてみるか」

とあるように、そのスピードは可変のもの。周りがフリーズしているわけでないので、禪院直毘人の持つ「投写呪法」とは別のものと考えています。

138話で禪院甚壱の攻撃を避けた時もそうですが、完全に視界から外れる位置に移動していて、移動音は「フワッ」とした感じ。

瞬間移動の発動条件は「目があった相手の背後に移動する」みたいな感じで「不義遊戯」の派生型ってのが丸そうですね。

虎杖悠仁は素面で両面宿儺に?

渋谷事変を経て宿儺の指を15本体内に取り入れ、術師としても成長した虎杖悠仁を見た脹相は虎杖悠仁を「正に鬼神」と例えます。

呪術廻戦の初期に両面宿儺を「鬼神」として解説する描写がありました。

心なしか虎杖悠仁の表情も、渋谷事変前のあどけなさを失い、呪霊を淡々と祓うクールな人間になっているように見えます。

呪術廻戦139話「狩人」の感想

呪術廻戦139話は渋谷事変後の137話、138話で明らかになった刺客と会合して終わりましたね。テンポが良い……。

渋谷事変を経て虎杖悠仁の表情が硬くなりましたね。両面宿儺による虐殺、瀕死になった野薔薇ちゃん。自分が救った相手が人を殺したらどうする?という伏黒とのやりとり。

大親友東堂葵のおかげで少しは回復したと思いましたが、もう虎杖悠仁の心は完全に元に戻ることはなさそうです。虎杖悠仁自体は15歳までずっとあんな感じの明るい少年として生きてきたわけで、そんな子が人を殺したらって考えるとまぁ、そんな簡単には回復しませんよね。

もう、高専には戻れなくなった虎杖にとって、やっぱりお兄ちゃんは救い。兄弟説について本人は納得していないものの、お兄ちゃんと連携プレイで呪霊を祓いまくってる姿は少し救われているように見えます。

そして禪院直哉君は次々と人の地雷を踏み抜いていきますね。術式もなんか不義遊戯の劣化版みたいな印象で、火力も低そう。そりゃぁ当主も相伝術式持ちに奪い取られますよ。

実際のところ、「無下限呪術」と「十種影法術」あたりは他の術式と比較しても圧倒的強さですからね……。あとは「呪霊操術」か。

普通に虎杖悠仁と脹相のペアとそのまま戦っても勝てなそうなんですよね直哉くん。唯一の見せ場も終わって、乙骨の呪力に当てられちゃいましたしね。

最後に現れた乙骨先輩。0巻時代のヒョロガリボディから打って変わって逆三角形術師になってしまってまぁ。伏黒曰く「手放しで尊敬できる」と言われてるくらいだから、前振り無視して虎杖の味方ムーブして欲しいところですね……。

狗巻君がやられたからといって、弱い頃の自分と境遇がほぼ同じ虎杖悠仁に対してそんなバチゴロシムーブ取らないと思うんですよね。それよりも禪院直哉君が禪院真希ちゃんをディスってそっちに矛先が向く事を願いますよ。

それではまた来週!

前の話:138話「禪院家」のネタバレ感想
今の話:139話「狩人」のネタバレ感想
次の話:140話「執行」のネタバレ感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました