東堂葵(とうどうあおい)の声優や術式などのプロフィール!その後虎杖や腕、ペンダントの中身はどうなった?

呪術廻戦の登場人物である東堂葵(とうどうあおい)に関する記事です。東堂葵の身長・体重・誕生日・声優・術式・技などの基本情報から、ペンダントの中身、虎杖との関係、腕はその後どうなったのかといった情報を掲載します。東堂葵に関して知りたい人はこの記事を参考にしてみてください。

東堂葵(とうどうあおい)のプロフィール

概要

呪術高専京都校の3年生で数少ない一級術師

東堂葵は呪術高専京都校の3年生で、呪術師として最高峰の一級術師です。長身アイドルの高田ちゃんをこよなく愛しており、高田ちゃんの出るテレビ番組はもちろんリアタイでも見ますし、録画でも見ます。

強者との戦いをこよなく好み、呪術高専京都・東京交流戦などの学校行事にも積極的に取組む学生らしさがある一方で高校生年代らしからぬ言動から、大人っぽい印象も受けるキャラクターです。

様々な場面でかっこいい言動をしている上、高専の生徒枠では最強クラスの強さを持っているというのに、気持ち悪くてネタキャラにされてしまうのが東堂葵の魅力ですね。

百鬼夜行で1級呪霊を5体、特級呪霊を1体祓う

東堂葵は呪術廻戦0巻では登場しなかったものの、その背景では夏油傑の呪術テロ「百鬼夜行」において、京都で1級呪霊を5体、特級呪霊を1体祓う活躍をしました。

その実力は「術式を使わずに特級呪霊を祓った」と伏黒恵にまで届いていました。

しかし東堂曰く「1級呪霊に関しては術式を使わずに倒したのですが、特級呪霊に対しては術式を使った」とのことです。

身長と尻のでかい女が好み(タッパとケツのでかい女がタイプ)

東堂葵は初会合する見込みのある人間に対して「どんな女がタイプだ?」と問いかけます。

女の好みによって相手を判断する癖があり、好みが一致した虎杖悠仁に関しては突如脳内に「地元じゃ負け知らずの親友認定」する存在しない記憶(青春アミーゴ)を植え付けるほどの妄想癖も併せ持っています。

虎杖悠仁とは親友(ブラザー)

京都・東京交流戦で女の好みが一致した虎杖悠仁とを完全に親友と認識し、肉弾戦(組み手)を通して虎杖悠仁と濃ゆい蜜月を共にします。

また、虎杖悠仁の最初に覚えた技「逕庭拳」に対して「それは並の相手にしか通用しない」と言い、呪術師としてのレベルを飛躍的に上昇させる技「黒閃」を指導しました。

戦闘IQ53万の超天才

東堂葵は完全なる脳筋キャラのような外見をしていて実際脳筋な側面はあるのですが、自称53万の戦闘IQを有しています。53万はやりすぎと言えども、実際戦闘IQは非常に高く、シンプルであるがゆえに応用のきく術式「不義遊戯」を使いこなして特級呪霊真人や花御相手にも対等に渡り合うことができました。

呪術廻戦の作中では特級術師であっても自分の術式を完全に使いこなせていないキャラもいる中、東堂葵は手を叩くと場所を入れ替えるというシンプルな術式をうまく使いこなします。

京都校・東京校のみんなに嫌われている

非常に魅力的な人間の東堂葵ですが、京都校・東京校のみんなに嫌われており、交流戦の野球では意図的にデッドボールを投げられます(これはイジメですね)。虎杖悠仁だけがギリギリ東堂に優しいんですよね。

真人戦で片腕と術式「不義遊戯」を損失

渋谷事変にて虎杖悠仁のピンチに駆けつけた東堂葵でしたが、最後の最後に片腕と術式「不義遊戯」を失います。術式を失ったあとですら渾身のブラフで虎杖悠仁をサポートする東堂葵の姿は最強かつ最高でした。

芥見下々先生曰く更木剣八キャラ

東堂葵というキャラが誕生した経緯として、芥見下々先生曰く「芥見なりの更木剣八」として産み出したとのこと。超強い。そして、死にそうにないキャラ。

プロフィール

初登場

第16話「情」

声優

木村昴

国民的大人気アニメのジャイアンを演じる木村昴さんが東堂葵の声優です。

所属

呪術高専 京都校 3年

等級

一級術師

誕生日

9月23日

身長

190cm以上

体重

不明

好きな女のタイプ

身長と尻のでかい女(高田ちゃん/九十九由基)

高専入学方法

スカウト

東堂葵(とうどうあおい)の強さと戦績

強さ

東堂葵の強さは、最強キャラランキング「Cランク」です。

一級術師の平均的な強さであり領域展開に対する対抗策は一応持ちつつも、漏瑚や真人などの特級精霊を1人で祓うことはできません。

通常特級呪霊を祓う力は持っていて、領域展開さえされなければ格上の真人や漏瑚とも渡り合う強さを持っています。

戦績

  1. 東堂葵 VS 伏黒恵 = △
  2. 東堂葵 VS 虎杖悠仁 = △
  3. 東堂葵&虎杖悠仁 VS 花御 = △
  4. 東堂葵&虎杖悠仁 VS 真人 = ○

東堂葵 VS 伏黒恵 = △

つまらない女の趣味を答えてしまった伏黒恵とがっかりした東堂葵の戦闘です。伏黒恵を負傷させて乙骨優太を交流戦に引きずり出そうとする東堂葵に伏黒恵はボコボコにされました。

途中でパンダと狗巻棘が割り込んできたため、決着つかずに戦闘終了しましたが、現時点での伏黒恵と東堂葵の実力差は明かでしたね。

東堂葵 VS 虎杖悠仁 = △

東京・京都交流戦編にて東堂葵と虎杖悠仁の戦闘。東堂葵の問い「どんな女が好みだ?」に対して「身長(タッパ)と尻がデカい女」と、ドンピシャの回答をした虎杖悠仁は東堂葵の存在しない記憶の中で「親友」として認識され、それ以降虎杖悠仁と東堂葵の関係は親友(ブラザー)となります。

格上の東堂が虎杖悠仁を導くという形で指導するのですが、東堂葵曰くその時間は「蜜月」とのことです。東堂葵はこのタイミングでは術式「不義遊戯」を使いませんでした。

東堂葵&虎杖悠仁 VS 花御 = △

特級呪霊花御と虎杖悠仁&東堂葵の戦闘。加茂憲俊、狗巻棘、伏黒恵、禅院真希をボコボコにした特級呪霊である花御に対して、親友のコンビネーションで善戦します。

東堂葵の指導によって覚醒した虎杖悠仁の新必殺技「黒閃(こくせん)」や東堂葵の術式「不義遊戯(ぶぎゔぎ)」をお披露目したのも花御戦でした。

虎杖悠仁と東堂葵で花御を追い込み、花御の領域展開が発動しようというところで五条悟が乱入したため、決着つかずで終了です。

東堂葵&虎杖悠仁 VS 真人 = ○

釘崎野薔薇やナナミンを戦闘不能(死?)にされて心が完全に折れた虎杖悠仁を助けにきた東堂葵と真人の戦いです。

心が完全に折れて立ち上がれなくなってしまった虎杖悠仁を助けるのはやはり超親友(ブラザー)の東堂葵。「俺たちを除いてな」の見開きを見た瞬間に私は「うおおおおとうどおおおおおおお」と叫んでました。

「無為転変」を操る特級呪霊の真人を「不義遊戯」で翻弄しながら戦う東堂葵は一級術師の強さと虎杖悠仁の親友であることをみせつけてくれました。

中盤では東堂、虎杖、真人の三者がそれぞれ「黒閃」をきめ、120%の力を発揮する戦いとなります。

真人の領域展開「自閉円頓裹」とその後の「無為転変」で左掌と術式を失った後も東堂葵は渾身のブラフで虎杖悠仁をサポートし、ついに真人を瀕死の状態まで追い詰めました。

東堂葵(とうどうあおい)の術式・領域展開・技

術式

不義遊戯(ぶぎゔぎ)

東堂葵の術式は、手を叩くことで対象の位置を入れ替える「不義遊戯」です。

「不義遊戯」の対象条件は一定以上の呪力を持つことであり、人間意外に「呪具」や「呪力を込めた石ころ」も対象で、本編では特級呪具「遊雲」を川から取り出すといったトリッキーな戦い方を見せています。

発動条件が”手を叩くこと”というシンプルな術式なのである程度の知能を持つ相手をはめながら戦うことができます。

術式単体の火力はありませんが、東堂の攻撃力を合わせることで真人や花御などの最強クラス特級呪霊を相手にしても通用する強力なサポートができる術式です。

領域展開

無し

東堂葵は領域展開を使えません。

脳内高田ちゃん

東堂葵の技?の1つは「脳内高田ちゃん」です。東堂葵の熱中する長身アイドル高田ちゃんが戦闘中に脳内で戦いの助言をしてくれます。

特級呪霊花御戦において、「呪いの種子」を呪力で受けようとする東堂葵に対して「呪いの種子」は呪力を吸って成長するというヒントを与えました。

黒閃(こくせん)

東堂葵の技の1つは「黒閃」です。本編で黒閃を発動させているのは、東堂・虎杖・釘崎・真人の4人。

打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪み。威力は平均で通常の2.5乗。黒閃を狙って出せる術師はいません。

「黒閃」は防御力の高い特級呪霊にもダメージを与えることが可能で、花御・壊相・真人などに大ダメージを与えました。

「黒閃」を一度経験すると、呪力の核心を得ることができ、一時的に「ゾーン」に入った状態になります。

九十九由基直伝の簡易領域

東堂葵は領域展開対策として九十九由基直伝の「簡易領域」を使えます。特級呪霊真人戦では「簡易領域」を発動させたものの、片腕が「無為転変」の犠牲になりました。

ブラフ

東堂は持ち前の戦闘IQで戦いの最中常にブラフをはりながら戦います。掌を叩くと場所を入れ替える術式「不義遊戯」と東堂の口撃は相性が良く、術式を失ったあとも特級呪霊の真人と戦う虎杖をサポートすることに成功しました。

ペンダント

京都校交流戦ではつけておらず、渋谷事変で身に付けていた東堂のロケットペンダント(写真の入るペンダント)。その中身は驚くことに長身アイドルの高田ちゃんと親友の虎杖悠仁。

真人との戦闘の佳境で地面に落とし、破損した拍子に中身が明らかになりましたが、流石の真人も驚きのあまり一瞬隙ができます

東堂葵の気持ち悪さがまさか戦闘において役立つ場面が見れるとは思いませんでしたね……。

東堂葵(とうどうあおい)の考察

東堂葵の術式は死んだ?

渋谷事変の終盤の真人の「無為転変」によって左掌を失い、その後真人の手に触れたため、もう片方の手も負傷した東堂葵。その後、失った左掌の切断面と右手を叩いたものの「不義遊戯」は発動せず、「俺の不義遊戯(じゅつしき)はもう死んでいる」と切ない表情を見せました。

東堂の不義遊戯が死んだのはブラフ?

東堂葵の「不義遊戯」は意図的に発動しないこともできる術式です。最終決戦とはいえ、その後も戦闘が続くことをあの東堂が考えないはずもなく、「不義遊戯を発動するフリをして発動しなかった後に不義遊戯はもう使えないという事すらブラフ」である可能性は十分に考えられます。

実際、東堂葵ってそういうことする人ですからね。

義手による復活はあるか?

また、本当に「不義遊戯」が発動条件を失って使えなくなったとして、義手による復活はあるかもしれません。実際、東堂葵は真人の掌と自分の掌で音を鳴らした際に「不義遊戯」を発動させており、自分のオリジナルの掌と掌で音を鳴らす事が発動条件ではない事はわかっています。

天与呪縛のような縛りによる強化が?

これは可能性が一番低いと思いますが、呪術師は縛りによる能力の底上げが可能です。また、天与呪縛は失ったものを取り戻す事で解除されることも与幸吉の例で判明しています。

それらを考慮すると、術式のみを失い呪力を失っていない東堂葵は、術式を使えない縛りによってより強力な肉体や呪力を得てカムバックすることも可能なのではないでしょうか。

東堂葵(とうどうあおい)のまとめ

以上、「東堂葵(とうどうあおい)の声優や術式などのプロフィール!その後虎杖や腕、ペンダントの中身はどうなった?」でした。筆者が呪術廻戦で一番好きなキャラの東堂葵。渋谷事変の真人戦で死なずに離脱できたので、もちろん今後の活躍に期待できます。

東堂葵の活躍がアップデートされ次第、この記事を更新するので、東堂葵ファンの方は引き続きよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました