禪院直毘人(ぜんいんなおびと)とは!能力や術式「投写呪法」の解説と声優などのプロフィールまとめ

呪術廻戦の登場キャラクター禪院直毘人(ぜんいんなおびと)の能力や術式「投写呪法」、声優や禪院甚爾との関係に関して掲載します。禪院直毘人に関する興味関心のある方はこの記事をご覧ください。

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)のプロフィール

概要

禪院家の26代目当主

禪院直毘人は呪術御三家の1つ禪院家の26第目当主です。本人の口から言及している描写はありませんが、才能が唯一の指標とも言われている禪院家で当主となるほどの実力を持っています。

禪院真希の昇級を妨害

禪院直毘人は「私が禪院家当主になる」と宣言して実家を出る禪院真希(呪術無、天与呪縛)に対して、それなりの試練を与えると言い見送りました。

その後、禪院真希は高専2年時かつ、対人戦では相当の実力が身についても、まだ4級術師として昇格できずにいるのは禪院家の妨害によるものだと言われています。

最速の呪術師(五条悟を除く)

禪院直毘人は特級呪霊の陀艮から「漏瑚よりも速い」と評価されています。呪術界において、天性のコマ打ちセンスと時間感覚で使用難易度の高い術式「投写呪法」を使いこなす禪院直毘人は最速の術師(五条悟を除く)と呼ばれるに至りました。

禪院甚爾が家出した後も関係は続く

天与呪縛により呪力が無く、才能至上主義と言われる禪院家では酷い扱いを受けたため家を出た禪院甚爾(パパ黒)とはその後も連絡を取り合っていたようで、禪院直毘人は伏黒恵が生まれた際には伏黒恵を禪院甚爾から買い取ろうとしていました。

伏黒恵を禪院家で引き取ろうとするが……

禪院直毘人は禪院甚爾から伏黒恵を10億で買い取ろうとしましたが、五条悟の介入により、伏黒恵は禪院家に引き取られず、身元引受人を五条悟として呪術高専の寮で生活しています。

プロフィール

声優

中田譲治

所属

禪院家

等級

特別一級術師

誕生日

不明(71歳)

身長

180cmくらい(七海建人より少し低いくらい)

体重

不明

趣味

アニメ

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)の強さと戦績

強さ

禪院直毘人の強さは、最強キャラランキング「Bランク」です。

禪院直毘人は特別一級術師という等級からも、その他の一級術師と比較すると強い事がわかります。

また、領域展開無しであれば精霊呪霊の陀艮を圧倒できる実力を持っている点からも、その他一級術師と精霊呪霊グループの間に属する強さと考えるのが妥当でしょう。

戦績

  1. 禪院直毘人&禪院真希&七海建人&伏黒恵&禪院甚爾 VS 陀艮 = ○

禪院直毘人&禪院真希&七海建人&伏黒恵&禪院甚爾 VS 陀艮 = ○

禪院直毘人初の戦闘描写が渋谷事変における陀艮戦です。領域展開「蕩蘊平線」に引き込まれるまでは、手数とスピードで陀艮を圧倒した禪院直毘人ですが、やはり陀艮の領域展開に引き込まれた後は防戦一方になります。

陀艮戦終盤、伏黒恵・禪院甚爾の乱入によって陀艮を仕留める事ができましたが、伏黒恵・禪院甚爾の乱入がなければかなり危ない戦いでしたね。

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)の術式・領域展開・技・特殊能力

術式

投写呪法(とうしゃじゅほう)

禪院直毘人の術式は「投写呪法」です。「投写呪法」は1秒を24分割、己の視界を画角とし、あらかじめ画角内で作った動きを後追いする術式。

術式発動中、禪院直毘人の掌に触れられた者も1/24秒で動きを作る必要があり、それに失敗すると1秒かんフリーズします。陀艮がフレームに治められてフリーズした状態がこれですね。

「投写呪法」を扱う側も、自分の作った動きをトレースできなければフリーズするリスクを孕みますが、そこは最速の術師、禪院家当主の禪院直毘人、転生のコマうちセンスと時間感覚で難しい術式を使いこなす事ができます。

領域展開

禪院直毘人は領域展開を使えません。領域展開は選ばれた人間にのみ使いこなせる境地なのです。

落花の情(らっかのじょう)

禪院直毘人は「簡易領域」では無く、禪院家秘伝の領域対策「落花の情」を使いこなします。「落花の情」は「簡易領域」のように領域を展開せず身に纏う事で、相手の必中術式が発動し、触れた瞬間にカウンターで呪力を開放し身を守る技です。

「簡易領域」と「領域展延」を混ぜたような性能ですね。

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)の考察

死亡した?←確定

禪院直毘人は陀艮戦で片腕を失ったのち、突如現れた漏瑚によって燃やされてしまい、上半身が丸焦げにされてしまいます。

同様の被害にあった七海建人は生存していました(その後魔人に殺されます…….)が、禪院直毘人・禪院真希の生死は現在不明です。

その他の漫画であれば重症だが生きているのが基本ですが、呪術廻戦の世界ではそのような希望的観測は通用しないので、心配ですね……。

2021/02/15 追記

禪院直毘人は138話で死亡が確定しました。

その後、禪院直毘人が遺言で伏黒恵を禪院家27代目の当主と任命することで、禪院直哉と伏黒恵の因縁が始まります。

禪院家の家系図

禪院直毘人は禪院家の当主で、伏黒恵や伏黒甚爾は禪院直毘人の兄の家系とのことです。

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)のまとめ

以上「禪院直毘人(ぜんいんなおびと)とは!能力や術式『投写呪法』の解説と声優などのプロフィールまとめ」でした。禪院家の当主という事で、今後の展開にも絡んできそうな禪院直毘人ですが、果たして生きているんですかね……。流石に生きてるとは思いますが。

今後禪院直毘人の生存や展開がわかり次第この記事を更新しますので、引き続きよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました